2016年07月23日

ガーディアンズ・ガーディアン 少女と神話と書の守護者


ガーディアンズ・ガーディアン(1) 少女と神話と書の守護者 (ウィングス・ノヴェル)






“久遠の書”が目覚めを迎える時、知の聖騎士・ヒースが図書院で出会ったのは!?

書を巡るファンタジー。







             単行本 <amazon><新書館>

posted by 朔 at 23:08| Comment(0) | 書籍

2016年02月14日

wonder wonderful ありふれたお茶会のためのごくありふれた準備を



サイト掲載小話をまとめました。個人制作の同人誌です。

書店委託(K-BOOKS様
2016.2.14販売開始

四六判 252P  ¥1,600+税









【収録内容】  ※
アンケート結果より

・みんなでお茶を
・距離
・わたしがコカゲと手をつながなかったこと(ミミ小話)
・私はあなたの
・そしてすべては消えていった(ザキとヒナタ小話)
・それは誰にも分からない
・臆病者のたわごと(ルカナートとシルヴィアナ小話)
・ありふれたお茶会のためのごくありふれた準備を
・とある侍女が胸の奥にしまったもの(冊子用小話/とある侍女の視点で)
・彼女のすごいところ
・言葉よりも饒舌な
・朝がくるまで(冊子用小ネタ/こかげとルカナート 会話文のみ)
・帰宅
・わたしとあなたの願いごと(冊子用小話/シルヴィアナとルカナート)
posted by 朔 at 12:32| Comment(0) | 同人誌

2015年05月10日

ガーディアンズ・ガーディアン 第2回 〜書の友人と暁の聖女〜



小説ウィングス ペーパーコレクションに参加しています。
ガーディアンズ・ガーディアンより、ザクロ視点のSSを書きました。

posted by 朔 at 00:00| Comment(0) | 雑誌

2014年08月18日

災いの魔女と幸いの王〜初めての暗殺、引き受けました〜




代々暗殺業を営み、「災いを呼ぶ魔女」と忌み嫌われる少女・アリシアは、突如舞い込んだ暗殺の仕事を引きうけた――実は暗殺など、一度もしたことがないのに。 しかもアリシアが狙うべき相手とは、「幸いの王」と呼ばれ、不死と名高い王太子・ディカイユで……!? 暗殺少女×不死の王太子――不幸と運命が奏でるラブファンタジー。 






単行本  amazon / 7net / 楽天ブックス

電子書籍 Kindle / 電子書店パピレス / Reader Store / Book Live / 楽天Kobo



posted by 朔 at 00:00| Comment(0) | 書籍